腕時計の姿勢差

この記事は約3分で読めます。

電池で動作する腕時計では、毎日何秒も時間が変動するなんてことないので、悩むことありませんが、ゼンマイで駆動する機械式時計は、日本製でさえ毎日数秒から数十秒遅れたり進んだりします。生きてるようでそれがよかったりするのですが…

機械式時計はSEIKOのプレサージュSARW021、SEIKO5 SNKE85J1、TIME100 W60011M.03ANと少ないですが持っています。

SEIKOのプレサージュSARW021SEIKO5 SNKE85J1TIME100 W60011M.03AN

機械式時計の裏面がガラスで内部の機械が見える(シースルーバックといいます)物が多く、特徴になっています。
電池式時計は日本だと電池が簡単に入手できますが、海外では難しい所もあるため、そんな所では機械式時計が好まれます。
また、裏面の機械を見せることで、偽物の判別もできます。
SARW021とSNKE85J1は裏面が異なっているのがわかると思います。SNKE85J1はロボットが作っています。SARW021は凝っています。

今も持っているTIME100は、毎日数分の遅れがあるので、時間を見るためより、デザインを楽しむための物と割り切っています。
ずっとワインダー(時計を回転させてゼンマイを巻くための装着)に入れてますが…針が止まっています。
ワインダーだと巻いてくれないので、ワインダーの電源を切ってます。

TIME100のベルトは付け替えています。
純正ベルトは汗、洗剤、エタノールなどで脱色して白になり、ただの皮になったのでイタリア製のに付け替えました。

3機種を精度でみると

メーカーセイコーTIME100

参考

グランドセイコー

型式SARW021SNKE85J1W60011M.03ANSBGJSBGH
キャリバーNo.6R217S26どこのを使っているか?9S86や9S85
日差+25秒~-15秒+45秒~−35秒数分+5~-3秒
生産国日本製日本製中華製日本製
価格(基準から何個分か)24個分2個分基準168から240個分

キャリバーNo.があるセイコー は、部品の製造から組み立てまで、セイコー で行っています。他のメーカーは時計の駆動する部分(ムーブメント)を入手して組み立てるというのが多かったりします。

機械式時計は、横に置いた時、縦に置いた時、装着した時で精度が異なります。

精度の測り方は、同じ時間同じ姿勢で1週間置いて、1週間後に遅れ進みを見て、7で割って一日あたりの日差にしているそうですが、1週間も待てないので、毎日寝る前に時計を設置し、朝起きたとき8時間経過後の遅れ進みを計ってみました。
正確な遅れ進みでなく単なる目安です。計測した時計はSARW021です。

竜頭上竜頭下立てる寝かせる腕につけたまま
3秒2から3秒3から4秒2から3秒1秒から2秒

これは8時間放置の遅れですが、24時間放置を実験していないので正確ではありませんが、この8時間放置を単純に3倍にすると、一番遅れが少ないのが、腕に付けたままで3から6秒の遅れ、竜頭を上に向けたままで12秒の遅れとなります。
購入直後は竜頭を下にした状態で8時間で30秒遅れていました。

通常、立て置きでテンプが上に来る置き方が、精度がよいそうですが、わたしの時計では腕につけたままが一番良さそうです。

コメント