ハイコーキ集塵機とハイコーキ電動工具との接続アダプタについて

この記事は約9分で読めます。
論旨
  • ハイコーキの集塵機を所有して、ハイコーキの電動工具を接続する時、何を接続していいのか迷うことありませんか?
  • 紙のカタログやWEBカタログを見て何が必要かを探りますが、接続の方式によっては必要なかったりしますが、その事にはカタログには記載されていません。
  • 本記事ではハイコーキの集塵機にハイコーキの電動工具を接続してみてわかったことについて紹介しています。
対象となる方
  • ハイコーキの集塵機を所有して電動工具の集塵機として使用する方
  • 集塵アダプタ等の購入を考えている方
  • ハイコーキの電動工具接続用ホースを持っている方、購入を検討されている方

私の環境

ハイコーキの集塵機にハイコーキの丸鋸とスライド丸鋸、オービタルサンダー、かんな、ルーターを接続しています。

集塵機はFRP80SB

DIY用カタログに掲載されています。

丸鋸はC6UEY

プロ用カタログの165㎜造作丸のこに掲載されています。

電源ケーブルが5mと長いため、ホースはホースカバー付を選択し、電源ケーブルをホースカバーの中を通しています。
この方式だと、オガコは90%ぐらい吸い込まれている感じです。

スライド丸鋸はC7RSHD

プロ用カタログの190㎜スライド丸のこに掲載されています。

据え置くためホースカバーがついていないホースを使っています。
常にホースはついています。
ガードの調整をするとオガコは90%ぐらい吸い込まれている感じです。
ガードの調整が不適切だと80%ぐらいの吸い込みとなります。

フェンスは必要

オガコをブロックするフェンスを作る事をお勧めします。

構造用合板で囲っただけのフェンスですが、これだけでもオガコが飛び散らないので、必ず作りましょう。

オービタルサンダはFSV10SA

DIY用カタログのオービタルサンダに掲載されています。

電源ケーブルが1.8mのためホースカバーがついていないホースを使っています。
この方式だと、オガコは95%ぐらい吸い込まれている感じです。
FRB80SBの取扱説明書には集塵アダプタが不要で集塵機と接続となっていますが、実際は集塵アダプタが必要です。

かんなはP20SF(SC)

プロ用カタログの82㎜かんなに掲載されています。

電源ケーブルが2.5mのためホースカバーがついていないホースを使っています。
この方式だと、オガコは99%ぐらい吸い込まれている感じです。
かんなは、装着されているチップカバーを外して、ダストアダプタと集塵アダプタが必要です。

集塵機をつけているのに大鋸屑が湧いてくるなら

集塵機をつけているのに大鋸屑が湧いてくるなら

・集塵機本体のゴミが満杯
・ホースのどこかにゴミが溜まって吸い出せない。
・電動かんなのダスト付近に大鋸屑が詰まっていて吸い出せない。
のいずれかが原因が考えられます。

他の電動工具と異なり、半端ない量の大鋸屑がでます。
集塵機も他の工具より数倍も早くゴミが満杯になります。
早めにゴミを捨てて下さい。

ルータはM12V2

プロ用カタログの電子ルータに掲載されています。

電源ケーブルが2.5mのためホースカバーがついていないホースを使っています。
このM12V2は殆どの部品が標準で附属しています。
ダストガイド、ダストアダプタは標準のため、別途集塵アダプタを買う必要がありません。
この方式だと、オガコは80%ぐらいの吸い込みなので、集塵率を上げる方法を考えます。

トリマーガイド

トリマーガイド

もしトリマガイドが必要ならモノタロウで購入して下さい。
もうハイコーキで販売していないため、カタログに記載もありません。
部品コードは、956794でモノタロウで入手可能です。

1本のホースを3台で使っています。

紙のカタログとWEBカタログ

ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ

このWEBカタログもしくは紙カタログの111ページから119ページに渡り集塵機と電動工具の接続について記載されています。

丸鋸

ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ

スライド丸鋸

ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ

かんな

ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ

ルーター

ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ

右端の01,02,03,04は下記を意味しています。

ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ

この図はもう少し説明が記述してあると初心者にはわかりやすいです。
01は電動工具ホース付
02は掃除機ホース付

ハイコーキのDIY向け集塵機も02に該当します。

私の所有する集塵機はDIY向けのFRP80SBなので02が該当します。
(FRP80SBはRP80SBの別売り部品をそのまま使えます。

ジョイント(C)とは

ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ

電動工具との接続に

ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ 電動工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ DIY工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ DIY工具総合カタログ WEBカタログ

このWEBカタログもしくは紙カタログの31ページに集塵機と電動工具の接続について記載されています。

オービタルサンダ

ハイコーキ DIY工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ DIY工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ DIY工具総合カタログ WEBカタログ
ハイコーキ DIY工具総合カタログ WEBカタログ

ここにもジョイント(C)が掲載されています。

必要な集塵アダプタや接続アダプタ

接続ホースを電動工具用の接続ホースを選択しました。

電動工具用の接続ホースは2種類注文しました。
最初、ホースカバー付を注文しましたが、納期がいつになるかわからないと言われたため、ホースカバー付でないタイプも注文し、結果、両方とも届きました。

種類型式ダストアダプタ集塵アダプタホース電源コード長
スライド丸鋸C7RSHD3762913747755m
丸鋸C6UEY3393833770795m
かんなP20SF(SC)3345023762913747752.5m
オービタルサンダFSV10SA3763073747751.8m
ルータM12V23393813747752.5m

電気かんなの集塵アダプタ

電気かんなの集塵アダプタ

かんなのP20SFなどはダストアダプタ(334502)と集塵アダプタ(376291)がセットで必要です。
ホームページ上のP20SFについての集塵アダプタとWEBカタログのP20SFについての集塵アダプタの品番が異なります。
これはホームページ上のP20SFについての集塵アダプタは旧タイプの品番です。
旧タイプも利用できますが、334502と376291の組み合わせで9割方オガコが集塵されているため、WEBカタログの品番をお勧めします。

M12V2の集塵アダプタ

M12V2の集塵アダプタ

ルータのM12V2は集塵アダプタ(339381)は標準付属品のため別途購入する必要がありません。

電動工具接続用のホースは、ホースカバー付の377079を丸鋸専用に使用し、スライド丸鋸専用に374775、かんなとオービタルサンダ、ルーターは作業時に付け替えるために374775と計3本使用しています。

集塵アダプタとジョイント(C)の購入

集塵アダプタ、ジョイント(C)などの購入先をAmazonで調べましたが販売していません。

Yahoo!ショッピングで調べましたが、本体より送料が高くつくため、使えません。

モノタロウは2種類ほどありましたが、その他のアダプタが販売されていません。

結局、ハイコーキを扱っている近所の金物屋さんで注文しました。
1割引でしたが、送料がかからないため安く済みます。
ただ、夏休みが入ったため納入に3週間以上要しました。

374775はモノタロウで購入すれば配送料無料にできるのでお勧めします。

接続してみてわかったこと

スライド丸鋸も集塵アダプタを取り付けて、電動工具接続用ホースに接続していることろ

かんなも同じ集塵アダプタを使用します。

丸鋸に集塵アダプタを取り付けて、ホースカバー付の電動工具接続用ホースに接続していることろ

電動工具接続用ホースを使用する場合は、ジョイント(C)は必要ありません。

実は

FRP80SBを買うと掃除用のホースがついていますが、これに接続する場合にジョイント(C)が必要となります。
RP80SBの掃除用ホースも同じ物なので、ジョイント(C)が必要になります。

ルーターに電動工具接続用ホースに接続する場合、アダプタ(320994)も必要ありません。
掃除用ホースに接続する場合にアダプタ(320994)が必要になります。

ちなみに、PRO用モデルのRPシリーズは掃除用ホースがついているバージョンと電動工具接続用ホースがついているバージョンがあります。

とにかく安く済ませたいのであれば、FRP80SBを購入し、掃除用ホースにジョイント(C)を接続して使います。
ただし、ホースは固いです。

次に、作業性を第一にしたい方は電動工具接続用ホースを購入すれば、ジョイント(C)は不要です。
スライド丸鋸の様に据え置きには電動工具接続用ホースを使い、丸鋸、かんな、オービタルサンダの様に移動しながら作業するのであれば、ホースカバー付の電動工具接続用ホースを使うと、ホースが柔らかいため扱いやすいのと、角に当たっても滑りがよいという利点があります。
もうひとつ、電源ケーブルが邪魔になるのでホースカバーの中に電源ケーブルを通せばホースと一体化するため、作業性が大幅に向上します。
ただ、電源ケーブルは電動工具の種類によってまちまちです。
5mの物もあれば、2.5mや1.8mだったりします。
5mあればホースカバーの中に通すと便利ですが、短い場合はあまり利点がないと思います。
まあ、お金に糸目を付けないのであればコードレスを使えば、ホースカバー付きでなくてもいいのですが、ホースの柔らかさが異なります。

カタログにジョイント(C)についてもっと記述が欲しかったです。
私には理解できませんでした。

まとめ

まとめ

まとめ

・ハイコーキの集塵機を利用する際、電動工具と接続するホースを掃除用ホースをそのまま使う場合はジョイント(C)が必要です。
ルーターの場合はアダプタ(320994)が必要になります。
・電動工具用ホースを利用する場合、集塵アダプタから直接接続することができます。
この場合、ジョイント(C)は不要です。
ルータの場合はアダプタ(320994)も必要ありません。

DIYカタログにあるFRP80SBで、掃除用ホースに接続するならジョイント(C)が必要。

プロ用カタログにあるRPシリーズで、掃除用ホースバージョンならジョイント(C)が必要。

共に電動工具用ホースならジョイント(C)は不要です。

幸せになる人

幸せになる人
  • ハイコーキの集塵機を所有して電動工具の集塵機として使用する人
  • 集塵アダプタ等の購入を考えている人
  • ハイコーキの電動工具接続用ホースを持っている方、購入を検討されている人

コメント