病気予防と白濁り解消ならエーハイムのリーフレックスUVがおすすめ

この記事は約3分で読めます。

リーフレックスUVの特徴

リーフレックスUVの特徴
  • 白濁りの除去と予防が出来ます。
  • 水槽水の殺菌をするため、病気予防になります。
  • 筐体はアルミ製でシンプルな作りになっています。
  • 接続コネクタは360度回転します

リーフレックスUVとの出会い

リーフレックスUVとの出会い
  • 水槽水を入れ替える際、部分換水すればいいものを、全部の水を替えて、水道水で洗ってしまい、水槽水が白く濁ってしまいました。
    生物濾過が壊れて、バクテリアの大量死骸が発生してしまったのが白濁りの原因でした。
    そうなると、水を替えても直ぐに白くなるし、白濁り除去材を投入しても変化ないし、毎日換水して1週間以上経過して徐々に濁りが取れていくという繰り返しでした。
    そのうち、部分換水するようになって白濁りに悩む事はなくなりました。
    しかし、底面濾過水槽の場合だと、定期的にリセットする必要があるため、やはりリセット後は白濁りしていました。
    そこで紫外線照射で白濁りを除去出来ること知りました。
    リーフレックスUVを購入後、どのような換水をしても白濁りは発生しなくなりました。

リーフレックスUVの印象

リーフレックスUVの印象
  • UVCの照射で白濁りが消え、以後発生していないのは感動しました。

リーフレックスUVの気に入っているところ

リーフレックスUVの気に入ってるところ
  • リーフレックスUVの中の水路は一直線で通水抵抗がないため、流量に影響を与えないところ
    接続コネクタの径を変換している場合は流量に変化あるかもしれません。
  • 紫外線照射強度は、350で32000μW/㎠、500で35000μW/㎠、800で47000μW/㎠と強力なところ
  • 消費電力が350が7W、500が9W、800が11Wと少なく省エネなところ

リーフレックスUVのおすすめの使い方

リーフレックスUVのおすすめの使い方
  • 水槽の大きさでなく、フィルターの循環水量でサイズを選ぶのがよいでしょう。
    1時間あたり400ℓまでの流量なら350
    1時間あたり800ℓまでの流量なら500
    1時間あたり1200ℓまでの流量なら800
  • UV-Cランプは8000時間の使用ができます。
    1年ごとに買い換える必要があるため、交換用UV-Cランプを購入しておくことをお勧めします。
    たまに送料無料の交換用UV-Cランプが無いときがあるので、安い時にストック!
  • 縦置きに設置する場合は、壁や水槽台などにネジ止めします。
  • 横向きに設置する場合は、固定ホルダーを本体の中央付近に置くなどバランスの取れる位置に設置します。

リーフレックスUVと一緒に使うと良い物

リーフレックスUVと一緒に使うと良い物
  • ホースコネクタをシングルタップに置き換えることで、メンテナンス時の取り外し、取り付けが楽になります。
  • 外部フィルター水中ポンプを使って、リーフレックスUVに送水します。

リーフレックスUV800の最安値を探す

商品一覧を表示してますので最安値を探せます。

Yahoo!ショッピングが送料込み税込19,930円で最安値(2021/2/18時点)

コメント