情弱からの脱却のすすめ

この記事は約7分で読めます。
論旨
  • 最近の20代、30代てテレビを見ない人が増えています。
    そういう若者達はYouTubeやSNSなどから情報を仕入れています。
    間違えた情報もありますが、自分から進んで情報を探し求める事ができます。
  • 一方60代以降はテレビからしか情報を得ていない人が多く、テレビや新聞の情報を鵜呑みにしている人も多くいます。
  • インターネットには嘘もありますが、正しい物もあります。
    一方、新聞やテレビはその情報を信じるしかありません。
    新聞やテレビが嘘をつく訳ないと思う人いますよね。
    特にNHKが嘘をつく訳ないとね。
  • 本記事では情弱からの脱却について紹介しています。
対称となる方
  • 親の情弱を脱却させたいと考えている人
  • 身内を情弱から脱却させたい人
  • 自身を情弱から脱却させたい人

情弱とは

情弱とは情報弱者という意味です。
新聞、テレビ、為政者、行政が言うことを疑いもせず、そのまま信じて疑わない人の事をいいます。

今や、マスコミは外資の影響により忖度する番組内容や報道ばかりで、東京TV以外は見る番組がありません。
捏造垂れ流しなどばかりでマスゴミ(枡塵)と罵られています。

特定野党は仕事もせず揚げ足取りばかりで見向きもされず、悲惨な状況です。
2009年頃、自民党の腐敗に国民は嫌気を指し、お灸を据えるために野党が政権を取る事を許しました。
2009年から2012年にかけて自民党以外が政権を担っていましたが、暗黒の時代を過ごした国民は二度と自民党以外には政権は任せられないと思うようになったのです。
今でも自民党は阿保の集まりかと思ったとしても、特定野党に日本を任せるよりはましと考えています。

で、この状態を若い人達は正しく理解できていますが、情弱は特定野党の口の上手さ、手口の巧妙さ騙されて、それが正しい事であると信じてしまっています。

私の親もテレビと新聞の情報を信じていましたが、iPhoneやiPadを活用することで、色々な情報を自らが探し、何が嘘で何が真実なのかを見分けられるようになってきました。
少なくとも枡塵情報や為政者の言うことが全て正しいなどとは思わなくなりました。
同時にインターネットも嘘が多く、真実もあるけどそれを見つけ出すのも苦労することもわかってきました。

情弱から脱却方法

情弱という認識を持っている場合

自分が小銭持ちで子供がITに明るい

子供にスマホやタブレット端末を買ってあげるし、通信代、アクセサリーなど必要な物も買ってあげるので、自分のも含めて、購入、設定、管理、教育などをしてもらえるようにお願いします。
わからないことの対応はいつでも対応してもらえるようにします。
自分はお金の管理をしっかりとし、その他は子供の好きなようにさせておけば、
子供自身にとっても最適な選択をするでしょう。
子供にとって10万を超えるような機材を簡単には買えませんから、魅力的だと思うのです。
子供が教育するときも、専門用語を使っても理解できませんから、相手がわかるような言葉、相手が分かるような説明するように自然に覚えていくでしょう。

子供に任せる例
・通信回線の契約はMVNOという指定(IIJmioなどのMVNOを契約)
 もし子供がNTTドコモの回線がいいというのであれば、
 5年間のNTTドコモとMVNOの通信費用を見積もらせ、
 それでもNTTドコモにメリットがあるのかを問い
 子供の回答に納得できればNTTドコモにしてもいいでしょう。

・iPhoneやiPadという指定でAppleStoreで購入
 もし子供がAndroid端末がいいというのであれば、
 iPhoneやiPadより何年も使えるのか、
 セキュリティ上安全なのか
 将来買い換えた際に移行は楽なのか
 などを子供にどう考えているのかを問い、
 子供の回答に納得できればAndroid端末にしてもいいでしょう。

・バンパーなどのアクセサリをネットから安く購入
・必要なアプリをAppStoreで購入
・Gmailなどでメールアドレスを作成し、メールが送受信できるようにしてもらう
・iMessageなどを設定し、いつでも互いに連絡できるようにしてもらう
・FaceTimeビデオ、FaceTimeAudioなどを設定し、いつでも互いに連絡できるようにしてもらう
・写真の撮り方、スクリーンキャプチャの取り方を教えて貰い、それを加工したり、メールやメッセージ、AirDropなどで送れるように教えて貰います。
・緊急SOSの設定をしてもらい、何かあれば互いにSOSが飛ぶようにしてもらいます。
 AppleWatchも2式購入すればより便利になります。
 Apple Watch SEを除くApple Watch Series 4以降であれば心電図アプリも使えます。
・iCloudの契約とバックアップや各種設定をする
・使い方の教育をする
・もしLINE、Zoom、TikTok、Simejiなどをどうしても使いたいと子供が言う場合、
 現状どんな問題があり、それを防ぐにはどう対処すればいいのかを問い、
 子供の回答に納得できればLINE、Zoom、TikTok、Simejiなどを使ってもいいでしょう。

この方式は自分と子供の2式の費用が発生しますが、融通を利かす事ができます。
分からなければいつでも対応してもらえますし、
こうしたい、ああしたいなどの要望も子供のIT能力が高ければ実現することができます。

子供も不誠実な対応をすれば通信回線を止められる、アプリなど支払いを止められると分かっていれば、無法地帯にはならないでしょう。

子供にITに明るい子がいないので、業者にお金を払う

通信キャリアをNTTドコモにして、端末購入、アクセサリー購入、設定、相談など有料でお願いします。

NTTドコモに依頼する例
・通信キャリアはNTTドコモで契約
・iPhoneやiPadはNTTドコモから購入
・アクセサリーなどをNTTドコモから購入
 自分でAmazonなどから購入できるのであれば、そちらを利用
・各種設定や契約など有料で対応してもらえるのであればそちらを利用
・教育などを開催されていればそちらを利用
・契約によっては役にも立たないオプションを付けられますが、1ヶ月後に忘れず解約して下さい。

この方式は自分の1式の費用で済みますが、
分からないことがあっても、基本営業時間内での対応となり、なおかつ整理券などを取って待つ必要があります。
また、こうしたい、ああしたいなどの要望も叶えてもらえないことも多々あります。

このパターンは親友にITに強い人がいれば利用してもいいかもしれません。
ただ間違っても知り合い友達にITに強い人がいても、無料であれこれお願いするのは迷惑なだけです。
また、個人情報を見せても大丈夫な間柄なのかもよく考えて下さい。

情弱という認識がない場合

子供がITに明るい

自分のスマホやタブレット端末を更新した際に、使わなくなった機材を親に渡します。
初めは拒絶しますが、料理の作り方を見せたり、YouTubeで親の趣味に合う物を見せたり、NetFlixなどで親の好みの映画やドラマなどを見せていると、だんだんと便利なガジェットだと認識するようになります。
そしてYouTbueでは意図的に保守と左翼それぞれの番組を見せ、テレビや新聞はこんなこと言ってるけど、当時の映像はこれが残ってる、こんな資料が残っていると真実を見せていくと、少しずつ、自分から情報を求めるようになります。

家族全員が情弱

まずは自分が情弱を脱却することから始めます。
10年前でしたら、スマホやタブレット端末を持つ人は少数でした。
今では猫も杓子もスマホを持っていますし、タブレット端末を持っている人も少なくありません。
そんな状況で自分のみスマホもタブレット端末も使えないのは、
目前の無限にある情報に触れることができないのは勿体ないです。

まとめ

まとめ

まとめ

10年前でしたら、スマホもタブレット端末もパソコンも使えないという人がいても、仕方ないで済みました。
そんな人は枡塵の言うことを信じるしかありませんでした。
為政者の言うことは肌感覚でおかしいとは判断できていたりしました。

現在は85%の人がスマホを所有しています。
使いこなせているかは別にして猫も杓子もスマホを所有している状態です。
スマホやタブレット端末はネットにつながっています。
ネットの外には嘘の情報もありますが、真実の情報も転がっています。
ネットの世界を知っている人からすれば、
枡塵が出鱈目な事を言ってることを知っています。
国民を誘導するような報道をしていることを知っています。
特定の国の資本の影響で偏った放送ばかりしていることを知っています。
世界で報道されている事が日本では報道されていないことを知っています。
SNSには嘘が多い事も知っています。
自分で情報を知ることができます。

情弱は人が用意した情報を信じるだけという可哀相な状態です。
もし、自身が情弱だとわかっているなら、変わるように努力して下さい。
自分の身内に情弱がいて、本人に情弱という認識がないのなら、教育してあげて下さい。

幸せになる人

幸せになる人
  • 親の情弱を脱却させたいと考えている方
  • 身内を情弱から脱却させたい方
  • 自身を情弱から脱却させたい方

お勧めの理由

お勧めの理由
  • ネットの世界は嘘が多いですが、自分で探すことで真実を見つけることができます。
  • 枡塵の情報が全てと思っていると、人生悲しいですよ。

この記事では紹介した商品たち

この記事で紹介した公式サイト

見出し

コメント